乾燥を防ぐための保湿

  • 保湿が保たれずに肌の乾燥状態が続くとシミ、シワ、くすみなどの肌トラブルを招きやすくなります。 元々肌にはバリア機能というものがあります。このバリア機能は皮膚に必要な水分が失われることを防ぎ保持するという働きをしています。バリア機能の働きを維持するには強い角層を作らなければなりません。表皮の元になる細胞を作ったりなどの働きをしている基底層や表皮に栄養を送っている真皮が正常に動くことで角層は作られていきます。

    しかし紫外線のダメージや年齢の積み重ねなどで正常に動かなくなってしまうことがあります。そうなるともちろんバリア機能も低下します。機能を戻す為には正しいスキンケアが必要不可欠です。 とてもたくさんの化粧水や乳液などがありますが水溶性の保湿成分が入った保湿化粧水が効果的でしょう。化粧水だけではすぐに蒸発して乾いてしまいますが、保湿クリームを一緒に使うと潤いと同時に肌のバリア機能を高めることに役立ちます。

    気を付けたいのは早く効果を得たいというような理由で過剰に保湿したりすることです。本来肌が持ち合わせている自分を守るセンサーのコントロールを狂わせてしまいバリア機能を低下させたり余計な肌トラブルを巻き起こしてしまう可能性があります。自分の肌の状態を把握し、それに合ったケアをすることが大切です。